妊娠するために、なぜマカはいいの?

 不妊改善効果があるとして注目を集めているマカですが、本当に効果があるのでしょうか。また、本当に効果があるなら、なぜ効果があるのでしょうか。

 

マカとは?

マカとは

 マカは南米のペルーに生えているアブラナ科の植物です。紫外線が強く土壌も酸性で、さらに昼夜の温度差が激しい過酷な自然環境である高度4,000mのアンデス高地で育つマカは、その土壌の栄養分を残らず吸い取ってしまうため、一度マカを栽培するとその土地は数年間なにも採れなくなると言われています。しかし、それだけマカの生命力は強く、豊富な栄養を含んでいます。

 

 

マカの効果とは?

ホルモンバランスを整える

効果は?

 マカにホルモンが含まれているわけではありませんが、マカが下垂体を刺激してホルモンになる前のプレホルモンを産生し、体内で必要なホルモンを作る手助けをしてくれます。
 そうしてホルモンのバランス卵巣の機能を調整し、自律神経も整えるので冷え性の改善にも効果があります。
マカの最も大きな不妊への効果が期待できます。

 

受胎環境を整える

マカに含まれるリジンには女性の生殖機能を活性化して受胎環境を整える働きがあります。

 

ストレス解消効果

マカにはビタミンB群やビタミンC、カルシウムなどが含まれ、これらによってストレス解消効果が得られます。

 

疲労回復効果

アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれているので疲労回復効果も期待できます。

 

 

 卵巣に直接働きかけるような効果はありませんが、女性の体の基本的な機能に働きかけて妊娠しやすい体質を作ってくれます。基礎体温が安定したというような安定した効果が期待できるのがマカなのです。

夫にもマカは効果的

マカを夫婦で

 マカは男性が飲んでも妊娠の役に立ちます。というのも、マカには精力増強の効果もあるからです。マカには必須アミノ酸であるアルギニンが含まれていますが、これは精巣機能を活性化させて精子を増殖させるばかりか、その運動率をもアップさせてくれるのです。ですから、夫婦そろってマカを飲むようにすれば、妊娠しやすくなるのではないでしょうか。